戦前の風俗
DSC09183.jpg

いま行っている企画展では、
戦前昭和期にここで宴会された方々の記念写真を
公開しています。
当時の風俗が感じられて面白いです。

DSC09176.jpg

説明パネルも作成してつけてます。

IMG_7258.jpg

庭にはシジュウカラも訪れてきています。
バードウオッチングに菜香亭
とひろめてます。


企画展「料亭菜香亭の漆器の“量”」開催
sikki1 (1)

平成19年に展示室初の企画展として「料亭『祇園菜香亭』の漆器の世界」を開催しました。
この度は料亭の漆器の質ではなく、量をご覧いただきます。
料亭ですので一般とは違って数多くの漆器がありました。それらは木箱に収まっていました。今回はその木箱も展示しています。
料亭の器の多くはその後整理され、いまでは数少なくなった貴重な史料です。
展示した器の量からかつての料亭の繁栄を偲んでもらえれば幸せます。

sikki1 (2)

本来あった膳600点のうち60点、本来あった椀約900点のうち127点、他漆器160点を展示しています。

sikki1 (3)

同じ柄の漆器が積み重なって一山の姿になったところは壮観です。
什器のわきに置いてある木箱に書かれた品名と、実際に入って いる什器の種類が違うところに注目してください。

sikki1 (4)

陶器では猪口218点、皿等52点を展示しています。
同じ柄の猪口が177ヶも。百畳を埋める客が入るとそれだけ必要であったことが分かります。

sikki1 (5)

また、平成31年開催の企画展「昭和初期の宴会風景~料亭菜香亭の写真帳より」 で展示した写真のうち28枚を再掲しています。
実際にこれら什器が使われていた時の様子を併せてごらんになられて、往古の姿を偲んでいただければと思います。

sikki1 (6)

企画展「料亭菜香亭の漆器の“量”」
■展示期間:2月13日(木)~5月11日(月)
 ※火曜日休館。ただし5月5日(火)は開館し、5月7日(木)が休館
■展示会場:大広間展示室(下の間)
■観覧料(含大広間観覧)大人100円、小人50円





「2020年を漢字一字で表す書道展」開催
202001-DSC08792.jpg

 1月4日(土)から2月11日(火祝)まで、大広間展示室で、「2020年を漢字一字で表す書道展」を開催しています。
  山口市内の小学5・6年生が、本年の目標、決意などを習字で漢字一字に表し、その理由を30字以内で書いて頂いた作品です。

202001-DSC08795.jpg

 今年は市内の5・6年生より、昨年の倍近く、661点もの応募がありました。ありがとうございます。
 審査の結果、優秀な作品101点を展示しています。
 子供達の力作を是非ご覧ください。

202001-DSC08802.jpg

右から、
特別賞:大内南小学校5年河野心愛さんの「喜」
山口市教育長賞:湯田小学校6年澤見華音さんの「健」
最優秀賞:白石小学校6年廣澤優理子さんの「輪」
山口市長賞:湯田小学校6年松田健人さんの「魂」
山口市菜香亭賞:大内小学校5年河野鈴愛さんの「努」

202001-DSC08793.jpg

「2020年を漢字一字で表す書道展」
■展示期間:1月4日(土)~2月11日(火祝)
 ※火曜日休館・火曜が祝日の場合翌日休館
■展示会場:山口市菜香亭大広間(展示室)
■観覧料(含大広間観覧)大人100円、小人50円


202001-DSC08800.jpg

※1月25日(土)10時より大広間で表彰式を開催します。
 式後には、山口高校書道部生徒1名による大字書(畳2枚分の紙に漢字一字)の揮毫をライブで行います。
 どなたもぜひご覧ください(要大広間観覧料)。

期間限定特別展示の山口大神宮企画展
R1-DSC08314.jpg

開催中の企画展「山口大神宮500年の歴史」において
11月22日(金)から25日(月)までの4日間のみ
特別展示を行っています。
山口大神宮所蔵の勅額2点
500年前の後柏原天皇の勅額と
430年前の後陽成天皇の勅額、
19年ぶりの公開です。
2点も勅額を所蔵されているのというのは全国的にも大変珍しいです。
また、初公開の緋錦御狩衣も展示しています。
この機会にぜひご覧ください。





企画展「山口大神宮500年の歴史」 のインスタバ映え
DSC07536.jpg

現在開催中の、企画展「山口大神宮500年の歴史」
多くのマスコミの方々に取材していただいております。
大変恐縮しております。
そしてすべてのマスコミの皆さんがこの空撮マットを背景に撮影されます。
いわゆるインスタ映えするともうしましょうか。
黄色い線は室町時代に作られた道を表しています。
黄色いセロハンは山口大神宮の土地です。
緑色のセロハンは大内氏館跡(龍福寺・八坂神社)
赤いセロハンは室町時代の建造物が残っていたり、
当時の主要な寺社の跡だったりします。
上から見ると全然違う街の様相がわかって見飽きません。

DSC07525.jpg

こちらは山口県立図書館所蔵の高嶺大神宮遷宮図です。
この企画展調査中に見つけました。
こちらで撮影させていただいた後、修復のため現在閲覧停止になっています。
この絵がふしぎなのは、いつ、だれが、何の目的で描いたか不明な点です。
まったく知られていなかった絵です。
どなたかに教示していただけたら幸いです。