山口大神宮企画展特別展示
R10921-1.jpg

12月2日(月)まで、
大広間展示室で開催中の
企画展「山口大神宮500年の歴史」です。

r10921-2.jpg

この9月21日から23日までは、
山口大神宮所蔵品の中でも大切な所蔵品を3点展示しています。
詳細は会場に来られたらわかります。
3日間だけの特別展示ですので、ぜひお越しください。

※11月22日~25日までの特別展示は
別の貴重な所蔵品を展示します。

第3回防長史楽会創作展「和気藹々~山口で歴史を感じて~」
R1sigaku-1.jpg

令和元年9月13日から15日まで、
2階会議室で
菜香亭市民ギャラリー
第3回防長史楽会創作展「和気藹々~山口で歴史を感じて~」
が開催されています。
観覧無料。


R1sigaku-2.jpg

これはNPO法人防長史楽会によるもので
会員20人による様々な歴史を題材とした創作作品が
展示されています。


R1sigaku-3.jpg

みなさんアマチュアですが絵心のある方が多く、
アマチュア以上の活躍をされている方もいらっしゃいます。


R1sigaku-4.jpg

これは力作。高杉晋作の生涯を絹に巻物風に書いたもの。


R1sigaku-5.jpg

こちらは労作。
県内の幕末の招魂社などお墓を巡ったもの。


R1sigaku-6.jpg

ユニークな作品もあります。
ぜひお越しください。





企画展「山口大神宮500年の歴史」 開催
R1daijingu-DSC07530.jpg

9月6日(金)から12月2日(月)まで、
大広間展示室で、
企画展「山口大神宮500年の歴史」 を開催しています。

会場中央には山口大神宮の境内を紹介したもっとも古い絵図(1660年代か)を
高さ2m(約4倍)に拡大して掲示しています。
創建当初の内宮外宮は現在の位置とは違って参道正面に東向きに建っていたとか、
多くの神社が境内にあったとか、現在との違いが興味深いです。


R1daijingu-DSC07533.jpg

山口大神宮は、明治以前では、
天皇の許しを得て伊勢神宮の分霊を勧請した唯一の大神宮です。
大広間から見える鴻の峰のふもとに
1520年に鎮座して来年が500年めです。
それを記念しての企画展です。


R1daijingu-DSC07542.jpg

「西のお伊勢様」と呼ばれ、遠く九州からも参拝者を集めた
山口大神宮の、500年の間に様々に描かれた姿をおもに紹介しています。
また、山口大神宮が式年遷宮で制作する御神宝で使った反物や、
棟札など同宮の所蔵品を展示しています。


R1daijingu-DSC07536.jpg

畳の上には、室町時代の町の範囲を空撮でとらえたマットを敷いて、当時の道や寺社を紹介しています。
地元の人には、空から見たら既知の風景が違ったものにみえます。
観光の方々には、これまでとこれから巡る観光地の位置関係が一目でわかります。
 
ぜひお立ち寄りください。


企画展「山口大神宮500年の歴史」
 ◎期間:令和元年9月6日(金)~12月2日(月) 
   ※火曜日休館
    ※特別史料展示:9月21日~23日、11月22日~25日
 ◎会場:山口市菜香亭(大広間展示室)
 ◎観覧料(含大広間観覧)大人100円、小人50円