残暑見舞い申し上げます
DSC07510.jpg

昨日から大広間の床の間に飾っているのは
田中柏陰筆(はくいん)の「竹に鶴図」です。

田中柏陰[慶応2年(1866)~昭和9年(1934)]は、静岡県に生まれ、17歳のときに田能村直入に入門。
明治33年に防府市の田中家の養子となり、防府に在住。
田能村竹田の系流を受け継ぐ画家として活躍しました。
多くの弟子をもち、藤本木田など有名な南画家を育てました。
「竹に鶴図」は、大正8年に菜香亭の主人の依嘱により、描かれた大作です。
鶴の背後の岩に筋目描きなどの水墨技法を駆使したもので、
菜香亭の大広間を飾るにふさわしい作品です。

DSC07511.jpg

企画展「幕末志士の投宿場・竪小路」 は
いよいよ9月2日までです。

DSC07513.jpg

ぜひこの機会にご覧ください。

関連記事