木戸孝允の書
DSC09357.jpg

大広間にある扁額の中で
一番うまいと皆様がおっしゃるのが木戸孝允の書です。
よくみると、筋が入っています。

DSC09358.jpg

おそらく板張りの板の上で書き、
板と板のすきまが
こういうふうにさせたとおもいます。
筋と筋の間は約48cmあります。
けっこう幅の広い板です。

こういう筋が入ったものは珍しいです。

関連記事