大広間の書
DSC09354.jpg

大広間には著名人の書がずらっと並んでいます。
書の細部にもめをむけると、
たとえば岸信介元首相の書は、
字のかすれ具合も計算されて書かれており、
とても巧みであることがわかります。

DSC09347.jpg

労働運動家の代議士加藤勘十の書は、
筆使いの速さが
絹の束のようで、きれいです。

DSC09346.jpg

明治の豪傑として国民的人気のあった三浦梧楼は、
「どん」といった感じの筆のおき方で
気合を感じます。

扁額の書の全体だけでなく
細部にも注目すると、
興趣深いとおもいます。

※お知らせ
このブログは2020年3月30日で更新を終了します。
2020年4月1日からはツイッターで情報発信を始めます。
よろしくお願いします。

山口市菜香亭公式ツイッター
https://twitter.com/y_saikoutei
関連記事