菜香亭クリスマスワークショップ参加者募集!
72672032_2228540347252160_1155622600949366784_n.jpg

◆菜香亭クリスマスワークショップ参加者募集!
『 折形でお祝い♪』開催
◆日付:令和元年11月23日[土祝]
◆時間:10時~12時
◆定員:20名
◆参加費:2,500円
◆申込: 083-934-3312
★嬉しいことに「折染め」の体験もできることになりました♪
この機会にぜひぜひご参加お待ちしています!

「徳地手すき和紙」をカラフルに染めた「折染和紙」を使い、日本の礼道にのっとった“折形”を皆さんと楽しみます。薬玉・たとう折り他しつらいの意味を習いながら折っていきます。   
★キーワードは赤!赤い何かを身に着けて参加してみましょ♪
 皆さんの参加をお待ちしています!

《折形ってなに?》
 折形とは六百年以上の歴史を持つ武家社会の礼法の一つで、和紙を使い進物を包んで手渡すやり方と、儀式に使う和紙の飾りを総称する呼称です。上級武家のみが使用していた特別な和紙を目的別に使い分ける日本独自の文化です。
 室町時代(14,15世紀)に入ると小笠原家や伊勢家によって様々な礼法が整えられ、紙包みの礼法(儀礼折)もそのころ考えられたものです。今も使われているのし包みはその名残です。やがて礼法や決まりから離れて、折り方そのものを楽しむようになったのが「折り紙」です。



第6回アートdeおもてなし開催
元料亭「菜香亭」で全館あげてアート展を行います。
山口で活動中のアーティスト8人と1グループが菜香亭に大集結!
和の伝統美から、ポップ・現代アートまで様々なアートをお楽しみいただけます。
日本の歴史が刻まれた「菜香亭」で、ゆっくりと芸術の秋を楽しんでください。
 
●期間:11月6日(水)~10日(日) 10時~17時(最終日のみ16時まで)

DSC07995.jpg

1階北居間は
長谷川章子さんのちぎり絵作品です。
日本伝統和紙を使って山口の風景を描いたちぎり絵です。

DSC08049.jpg

1階南居間は
永久哲也さんの木工細工とステンドグラスです。
想像をかきたてるような作品です。

DSC08023.jpg

1階調理場は
横田弘志さんの鉄製器具です。
鉄作家によるフライパンなど販売しています。

DSC08008.jpg

2階北客間は
寺田晴美さんの水彩画です。
とても味わい深い作品が並んでいます。

DSC08005.jpg

2階南客間は
間鍋竹士さんの陶芸です。
県内の土、石、鉱物から作られた
まさに山口県の土の器です。

DSC08006.jpg

2階南客間壁や2階東側踊り場は
村上真実さんの書アートです。
絵葉書・カレンダーも販売されています。

DSC08076.jpg

2階西側踊り場は、
富永嘉子さんの徳地和紙人形です。
画像は江戸時代の鷺の舞のようす。

DSC08087.jpg

2階西側踊り場・階段には
船勢春香さんんお徳地和紙工芸作品。
折り染めがとてもきれいです。

DSC08019.jpg

前庭の歴史めぐりの庭や館内のあちこちに
YICA(NPO法人山口現代藝術研究所)の現代アート作品が展示されています。

追加で館内の様々な様子をアップします。

DSC07938.jpg

DSC08003.jpg

DSC08096.jpg

DSC08116.jpg

DSC08120.jpg

DSC08085.jpg

DSC08126.jpg

DSC08123.jpg

DSC08111.jpg

DSC08114.jpg





菜香亭の紅葉状況
aDSC07908.jpg

菜香亭の紅葉が着々とはじまっています。

aDSC07911.jpg

窓枠こしに撮影するとインスタ映えするかも。

aDSC07913.jpg

木でなく枝によって紅葉の進み具合が違うという発見。

aDSC07909.jpg

東庭の一本モミジも端から紅葉中。

aDSC07914.jpg

歴史めぐりの庭のハナミズキは紅葉中。いずれ大きくなったらこの庭も紅葉のメッカになるのでしょうね。

さて、紅葉が真っ盛りの時に行うのが、
第六回アートdeおもてなし!

そのチラシの表です。クリックしたらPDFが開きます。
art-omote.jpg

チラシの裏です。クリックしたらPDFが開きます。
art-ura.jpg

◆山口市菜香亭
「第6回アートdeおもてなし」開催!! 

元料亭「菜香亭」で全館あげてアート展を行います。
山口で活動中のアーティスト8人と1グループが菜香亭に大集結!
和の伝統美から、ポップ・現代アートまで様々なアートをお楽しみいただけます。
日本の歴史が刻まれた「菜香亭」で、ゆっくりと芸術の秋を楽しんでください。
 
●期 間 : 11月6日(水)~10日(日)
        10時~17時(最終日のみ16時まで)

●出展者 :長谷川章子(ちぎり絵)
       永久哲也(木工細工)
       横田弘志(鉄製器具)
       寺田晴美(水彩画)
       間鍋竹士(陶芸)
       村上真実(書アート)
       冨永嘉子(徳地和紙人形)
       船瀬春香(徳地和紙工芸)
       YICA 山口現代芸術研究所(現代アート)

展示とあわせて、販売も行います。
9日(土)・10日(日)は、ちぎり絵のワークショップもあります!

 【土日限定】
~美味しい珈琲やお菓子でほっと一息~    
~カフェコーナー~

西田珈琲(9・10日)
空間茶天×sin(9日のみ)

山口市菜香亭が移設・開館10周年をきっかけに行った大規模なアート展。今回で6回目となりました。
山口で活躍中のアーティストさんをより多くの人に知っていただき、山口のアートシーンを盛り上げる一助になりたいと思っています。


トールペイント作品展
DSC07773.jpg

10月25日から27日まで、
リラの会によるトールペイントの作品展として
菜香亭市民ギャラリー
「令和の風に煌めいて山口で美を楽しむ(第1回リラの会トールペイント作品展)」
が開催されています。
観覧無料です。

DSC07778.jpg

DSC07790.jpg

DSC07800.jpg

DSC07808.jpg

DSC07815.jpg

菜香亭市民ギャラリー
「令和の風に煌めいて山口で美を楽しむ(第1回リラの会トールペイント作品展)」
○ 10月25日(金)~27日(日)
  10時~16時30分(最終日のみ15時まで)
○2階会議室
〇観覧無料

寺内正毅スタンプラリー開催
DSC07744a.jpg

10月19日(土から11月4日(月)まで、
今年が没後100年の市出身唯一の総理大臣寺内正毅に関する企画展が
十朋亭維新館で開催されていることを記念して、
寺内正毅ゆかりの3館、
十朋亭維新館(大人200円、小人100円)と、陸上自衛隊山口駐屯地内にある防長尚武館(無料)と、
そして山口市菜香亭(大人100円、小人50円)を3館巡ると、
オリジナル絵葉書をプレゼントするという
素敵なスタンプラリーを行っています。

山口市菜香亭では、通常展示として寺内正毅の扁額がありますが、
スタンプラリーの期間中、大広間の床の間に
8年前に寺内家から寄贈頂いた寺内正毅の自筆の漢詩の掛け軸をかけています。

25歳の時に西南戦争で右腕を負傷して以後、もっぱら軍政を担い、
9年も陸軍大臣を務め、歴代の中で最も長く、最も優秀で、
日露戦争の補給・兵站もこの人がいたから混乱することなくうまくいったといわれます。
幕末に生まれ、明治に生きた山口の武士がたどった人生におもいをはせていただきたく。

10月20日(日)は山口駐屯地でいわゆる自衛隊祭りも開催されていて、防長尚武館に入場しやすいと思います。
※防長尚武館は通常は見学に事前連絡が必要ですが、スタンプラリー開催中は事前連絡が不要で、行きたいときに入れます。(10時~16時)

ぜひ3館まわってノベルティをゲットしてください。

10月23日(水)と29日(火)は3館ともお休みですのでお気を付けください。

↓台紙はこちらです。3館のいずれかで入手しましょう。
 どこからスタートでも、ゴールでも、OKです!

台紙